ライトコインの購入方法

ライトコインの今後に期待

ビットコインとライトコインの違いはほとんどないに近いものです。
これはビットコインが先発の仮想通貨であるのに対して、ライトコインがビットコインを改良して登場した仮想通貨であるためです。
このためライトコインは、先発のビットコインよりも改良が施されているのが特徴といえます。

ライトコインはビットコインより流通量が多く、また決済スピードがはやいといったメリットです。
また後発のライトコインは発掘されていないコインも多く存在しているのも特徴です。

なお、埋蔵量はビットコインが2100万枚であるのに対してライトコインはその4倍の8400万枚となっています。

ライトコインにしてもビットコインにしても手に入れる方法は取引所で購入するか、採掘するかの2種類です。購入する場合には現金やそのほかの仮想通貨と交換することができますが、レートは日々変動しているので購入するのに必要な費用は変わってくるので注意が必要です。
レートの情報はインターネットで簡単に見ることができます。

なお、ライトコインもビットコインも利用をするためにはウォレットを呼ばれるアプリをインストールする必要があります。

ウォレットは登録することで使用が可能になり、手に入れた仮想通貨を登録することが可能になります。

取引所を利用するのがもっとも簡単

ライトコインの購入そのものは難しいものではなくインターネット上にある取引所を利用するのがもっとも簡単な方法です。

採掘という方法もありますが、時間が掛かるのですぐに使いたいといった人には不向きです。
取引所では、現実通貨とライトコインを交換することになりますが、レートが変動しており、申込みをした日によって交換できる数が変わってきます。

この際にウォレットを開く必要がありますが、取引所に口座開設するためには本人確認が必要になります。日本国内にも多くの取引所がありますし、海外の取引所を選ぶ人も多くみられます。

いずれにしても取引所を利用するには、現金から交換するといった場合には銀行口座を開くように口座を開設する手続きが必要になります。

ザイフ(Zaif)口座開設マニュアルはこちら→https://coinchoice.net/zaif_open/

なお、取引所では手数料が必要ですが、手数料は取引所によって異なるので注意が必要です。
また取引所を選ぶ基準としては取引量が多くて健全な場所を選ぶ必要があります。

なお、ライトコインと似たようなものにLINEのLINEPayがあります。これはApplePayなどと同様に特定のサービスで利用できる仮想通貨です。
LINEであればスタンプの購入などに使えますし、またスタンプの販売の収入としても手に入れることができます。

取引所を利用する