ビットコイン受け取りにあるQRコードとは?ビットコインアドレスとは?

ウォレットアプリからビットコインを送金

ビットコイン(仮想通貨)はインターネット上で取引を行います。
このため仮想のコインを保管するために、ビットコインアドレスを利用します。ビットコインアドレスは銀行口座のようなもので、ビットコインを入金して保存したり、誰か他の人に送金するために利用します。

ビットコインアドレスはコンピュータ上の情報(英数字の文字列)で、受取用アドレスと秘密鍵のペアで保存します。受取用アドレスとはコインを受け取ったり残高を確認する際に使うもので、銀行の口座番号のようなものです。秘密鍵は送金(出金)する時に使用するもので、キャッシュカードの暗証番号のようなものです。
コインを受け取る時には、送金元の人に受取用アドレスを伝える必要があります。

取引所からPCなどに送金してもらう場合には、自分の受取用アドレスをコピー&ペーストで送信することができます。
ところがモバイル機器を利用して個人やお店などで決済を行う場合、長いアドレスを1文字ずつ正確に入力する作業は面倒です。

モバイル機器にインストールされているウォレットアプリから送金する際に、長い受取用アドレスの文字列を簡単に送る方法としてQRコードが利用できます。このため、ウォレットアプリには送金者に送信する受取用アドレスがQRコードでも表示されるようになっています。

ちなみに秘密鍵はアプリに設定された暗証番号などを入力しないと、閲覧ができないようになっています。

ビットコインをウォレットから送金するには

自分のウォレットからビットコインを送金する方法ですが、送金先の受取用アドレスを入力してから金額と手数料をして送信を実行します。

送信するときは必ずオンラインである必要があります。取引方法(操作手順)はウォレットアプリごとに異なりますが、送信を実行する前の最終確認として、アプリをインストールした時に最初に設定した暗証番号かパスワードを入力する必要があります。
ウォレットアプリの使用方法だけを知っていれば、仮想通貨の仕組みを理解できなくても簡単に取引することができます。

コインを送金するためには、送金先のアドレスを自分のウォレットアプリに入力しなければなりません。
送金先の受取用アドレスを入力する方法として、直接アドレスの文字列をコピー&ペーストするか、カメラ機能付きの携帯端末であればQRコードを読み込ませることができます。

取引所のアカウントに送信する場合には、ブラウザ上に表示されるアドレスの文字列をペーストすることができます。
個人やお店の支払いなどのために送金したい場合には、送金先のアドレスをQRコードで読み取ります。

携帯端末用のウォレットアプリで送金を選択すると、自動的にカメラが起動してアドレスのQRコードが読み取れるような機能がついています。